画像をクリックするとその植物の
  解説画面にジャンプします
キタノコギリソウ ムシャリンドウ ハマフウロ
ノハナショウブ エゾキスゲ エゾスカシユリ

そのほかの原生花園の植物

Home > 各地の花をたずねて > 原生花園

原生花園 日 光 渡良瀬遊水地 三国山 妙義山 成 東 房総半島 奥多摩
高尾山 三浦半島 丹 沢 箱 根 伊豆半島 三ツ峠山 菅 平 高峰高原
霧ヶ峰 葦毛湿原 佐渡島 医王山 伊吹山 野坂山地 紀伊半島 東赤石山
天狗高原 九州の沿海地 阿蘇・くじゅう やんばる

原生花園

 知床半島から宗谷岬にかけてのオホーツク海沿岸や、知床半島をはさんで南側にある野付半島では、海からの強い風が影響して森林が形成されないことが一因となって、海岸の砂浜から続く草原が発達しています。こういったところは「原生花園」と呼ばれ、北海道の観光スポットの一つになっており、ハマナスエゾカワラナデシコをはじめ、春から夏にかけて色とりどりの北国の植物が花を咲かせます。道東には道内最大規模のワッカ原生花園をはじめ、小清水原生花園や以久科原生花園などが知られており、道北ではサロベツ原生花園やベニヤ原生花園などがあります。