Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > エゾキスゲ

エゾキスゲ (蝦夷黄菅)
Hemerocallis flava. var. yezoensis
 オホーツク海沿いの国道244号線を東に向かうと、網走市の郊外で視界が開けてきます。7月であれば、やがてレモン色の花をつけたエゾキスゲの群生が目に飛びこんできます。エゾキスゲはユウスゲに近縁で、やはり花は一日花で夕方に咲きはじめ、翌日の午前中まで開いているといいますが、この日の午後に訪れたこの群生地では、まだたくさんの花が咲きつづけていました。この日立ち寄った3つの各原生花園のうち、エゾキスゲが咲いていたのはなぜか小清水原生花園付近だけでした。
■撮影地別
 ○北海道小清水町


クローズアップ

■群落
2003.7.12 北海道小清水町
         2003.7.12 北海道小清水町
Before Plant   Next Plant