画像をクリックするとその植物の
  解説画面にジャンプします
コウスユキソウ タカネマツムシソウ オトメシャジン
ナヨナヨコゴメグサ ウバタケニンジン シラヒゲソウ

そのほかの東赤石山の植物

Home > 各地の花をたずねて > 東赤石山

原生花園 日 光 渡良瀬遊水地 三国山 妙義山 成 東 奥多摩 高尾山
高尾山 三浦半島 丹 沢 箱 根 伊豆半島 三ツ峠山 菅 平 高峰高原
霧ヶ峰 葦毛湿原 佐渡島 医王山 伊吹山 野坂山地 紀伊半島 東赤石山
天狗高原 九州の沿海地 阿蘇・くじゅう やんばる

東赤石山

 赤石山系は愛媛県の東部、瀬戸内海からわずか10kmあまりのところに位置し、約15kmにわたって千m級の山々が東西に連なる山地です。東赤石山(標高1,707m)はその最高峰で、超塩基性のカンラン岩の岩体が露出することで地質学上よく知られた山ですが、この地質が影響して、植物の種類が豊富なことでも四国有数の山となっています。この山の名前の由来にもなった、赤茶けたカンラン岩の露頭が続く山頂周辺には、やはり超塩基性岩からなる至仏山早池峰山を思わせる、高山のような風景が広がっています。
 東赤石山には、赤石山系に特産するオトメシャジンをはじめ、四国の一部の山だけから知られるナヨナヨコゴメグサやシコクイチゲのほか、本州中部の高山と共通するゴゼンタチバナキバナノコマノツメといった貴重な植物が多く分布します。