Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > エゾネギ

エゾネギ (蝦夷葱)
Allium schoenoprasum
var. schoenoprasum
 エゾネギは本州に分布するアサツキの基本種に当たり、東北地方北部と北海道の海岸近くの草地に生えます。花はアサツキよりも大きく、長さ15mmほどになります。北海道の原生花園では同属のミヤマラッキョウも見られますが、葉はミヤマラッキョウのように平べったいかたちではなく、私たちが食べるアサツキと同じく筒状になることで区別できます。野付半島の原生花園では、数は少ないものの、ようやく咲きはじめたエゾネギがいくつか見つかりました。
■撮影地別
 ○北海道野付半島


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2004.7.10 北海道野付半島