Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > シカギク

シカギク (鹿菊)
Matricaria tetragonosperma
 シカギクは北方系の植物で、北海道の海岸の砂地に生えるほか、沿海州や千島列島などに広く分布します。頭花はキクに似ていますが、筒状花が集まった黄色い中心部が花後に盛りあがってドーム状になるのが特徴で、香料やカモミール茶に用いられるカミツレもこの仲間です。名前は細かく切れこんだ葉を鹿の角にたとえてついたものです。頭花の大きさはハマギクと同じくらいで見ばえがしますが、雑然としたところに生えると雑草のようで、写真のものも遠くから見たときはフランスギクかと思いました。
■撮影地別
 ○北海道野付半島


クローズアップ

■群落
2004.7.10 北海道野付半島
          2004.7.10 北海道野付半島
Before Plant   Next Plant