画像をクリックするとその植物の
  解説画面にジャンプします
ヒメシオン タチスミレ ワタラセツリフネソウ
アゼオトギリ アオヒメタデ サクラタデ

そのほかの渡良瀬遊水地の植物

Home > 各地の花をたずねて > 渡良瀬遊水地

原生花園 日 光 渡良瀬遊水地 三国山 妙義山 成 東 房総半島 奥多摩
高尾山 三浦半島 丹 沢 箱 根 伊豆半島 三ツ峠山 菅 平 高峰高原
霧ヶ峰 葦毛湿原 佐渡島 医王山 伊吹山 野坂山地 紀伊半島 東赤石山
天狗高原 九州の沿海地 阿蘇・くじゅう やんばる

渡良瀬遊水地

 渡良瀬遊水地は栃木県南西部と周辺3県の県境に位置し、渡良瀬川の下流にあって洪水時の貯水機能を持つ広大な遊水地です。南部にある谷中湖とそのまわりに広がるアシ原は水鳥をはじめ、さまざまな動植物の生息地となっており、その生態系を守るべき湿地として2012年にラムサール条約に登録されました。
 渡良瀬遊水地は100年以上前から遊水地として利用され、一部をのぞいて開発されないままの環境が保たれているため、湿地を好むものを中心に数多くの植物が知られています。固有種こそないものの、ここを中心に周辺地域からも知られるワタラセツリフネソウをはじめ、全国的にもめずらしいハナムグラアゼオトギリアオヒメタデなどが分布します。