Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > オトメシャジン

オトメシャジン (乙女人参)
Adenophora triphylla var. puelllaris
 愛媛県東部にある東赤石山は、高さこそ剣山や石鎚山より低いものの、希少な植物が多く分布する「花の山」として知られています。山頂付近は高い木がなく、かんらん岩の岩場と草地が広がっているため、本州中部の高山を思わせます。オトメシャジンは東赤石山周辺に分布する固有種のひとつですが、山頂周辺では多くみられます。サイヨウシャジンの変種で、葉はいちじるしく細くなって互生し、花は総状で雌しべが長く飛び出るなど、母種とかなり異なる特徴があり、むしろヒメシャジンを思わせます。
■撮影地別
 ○愛媛県東赤石山


クローズアップ

■群落
2005.8.8 愛媛県東赤石山
            2005.8.8 愛媛県東赤石山
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「オトメシャジン」