Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > シラヒゲソウ

シラヒゲソウ (白髭草)
Parnassia foliosa
 シラヒゲソウもなかなかよい写真が撮れない植物の一つで、かつて奥多摩に出かけたときは、さんざん歩きまわって1個体も見つからなかったこともあります。生える場所が沢ぞいや日陰の湿った岩場など、うす暗いところが多いのも、写真が撮りにくい一因かも知れません。シラヒゲソウは本州から九州まで分布し、8〜9月に茎の先に直径2cmほどの花を一つずつつけます。ウメバチソウに似ていますが、特徴的なのは細かく糸のようにふちが切れこんだ花弁で、名前もこのようすをひげに例えたものです。
■撮影地別
 ○熊本県
 ○神奈川県金時山
 ○愛媛県東赤石山

クローズアップ

■群落
2001.9.30 熊本県
        2005.8.8 愛媛県東赤石山    2004.9.12 神奈川県金時山
Before Plant   Next Plant