Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > カキラン

カキラン (柿蘭)
Epipactis thunbergii
 カキランは湿り気のある草地などに生えるランで、尾瀬のような山間の湿原や平地の湿地で見られます。多くのランの例にもれず、カキランもまた盗掘により減少傾向にありますが、ハイカーのマナーがよく、監視の目も行きとどいる尾瀬ヶ原では、ごく普通に見ることができます。この日、温泉小屋の南で木道を右に曲がって東電小屋方面に歩いていくと、木道のすぐ横でカキランを見つけました。しげった夏草の中では見のがしそうなやさしい黄色の花ですが、よく見るとあちらこちらで花をつけていました。
■撮影地別
 ○福島県尾瀬ヶ原
 ○愛媛県東赤石山

クローズアップ

■群落
1995.8.6 福島県尾瀬ヶ原
          2005.8.8 愛媛県東赤石山
Before Plant   Next Plant