Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > リョウブ

リョウブ (令法)
Clethra barvinervis
 真夏の低山では、花を咲かせている木は少なく、足元にばかり目がいきがちですが、リョウブはこのころに満開となる貴重な樹の花の1つで、高さは10mちかくなります。東赤石山に出かけたとき、汗をかきかき登っていると、どこからともなく甘い香りがただよってくるのに気づいたものの、花は見あたらず、なんの花かと考えていたところ、稜線まであがってリョウブが咲いているのに気づき、ようやく香りの主がわかりました。リョウブ科はリョウブ属だけからなり、日本にはリョウブ1種のみが分布します。
■撮影地別
 ○愛媛県東赤石山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2005.8.8 愛媛県東赤石山