Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ヤセウツボ

ヤセウツボ (痩靫)
Orobanche minor
 初めてヤセウツボを見たのは、まだ植物の写真を撮りはじめたばかりの頃、場所は千葉県内の海岸でした。ニョキニョキと地面から花茎だけがのびる様子から、寄生植物であることは見当はついたものの、その名前は図鑑をひっくり返してようやくわかりました。この植物に再会したのはそれから数年後、渡良瀬遊水池にある公園を散策していたときでした。ヤセウツボは光合成を行わず、マメ科などに寄生して栄養をとる帰化植物で、おそらく宿主とともに日本に入り込んだものではないでしょうか。
■撮影地別
 ○栃木県藤岡町


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2000.5.28 栃木県藤岡町