Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ハルシャギク

ハルシャギク (波斯菊)
Coreopsis tinctoria
 旧谷中村の史跡を過ぎ、広大な渡良瀬遊水地を散策しはじめたところ、まず目に入ったのがハルシャギクでした。直径3〜5cmの頭花は中心部が濃紅色でそのまわりが黄色と、いかにも園芸作物として日本に入った風情の色合いです。花期は初夏から秋までと長く、花も多くてこの点も観賞にはうってつけです。高さ30〜150cmになる北アメリカ西部原産の1年草で、明治時代に日本に帰化したといいます。「波斯」はペルシャのことだそうですが、原産国でもないのになぜこの名がついたのでしょう。
■撮影地別
 ○栃木県渡良瀬遊水地


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2012.9.22 栃木県渡良瀬遊水地