Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > サクラタデ

サクラタデ (桜蓼)
Polygonum conspicuum
 地味な花が多いタデにあって、見た目ピカイチなのがサクラタデです。花序には、ピンク色の5枚の花被片(花弁と萼片を区別しない場合の呼び名)を広げた花がならびます。1つ1つの花の直径は1cm近くあって見栄えよく、「サクラ」という名にもうなずけます。分布は本州〜沖縄と広いのですが、神奈川県にはシロバナサクラタデばかりで、このとき訪れた渡良瀬遊水地で撮影する機会を得ました。地下茎で増えるせいか、ここでは散策路にたくさん咲いていて、あるところにはあると妙に感心しました。
■撮影地別
 ○栃木県渡良瀬遊水地


クローズアップ

群落
2012.9.22 栃木県渡良瀬遊水地
   2012.9.22 栃木県渡良瀬遊水地 2012.9.22 栃木県渡良瀬遊水地
Before Plant   Next Plant