Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ハナムグラ

ハナムグラ (花葎)
Galium tokyoense
 ハナムグラはこの仲間ではもっとも湿り気のあるところを好む種類で、東北〜中部地方と西日本の一部に分布し、利根川周辺では氾濫原などの水がたまりやすいところで、アシとともに生えています。同属のエゾノヨツバムグラクルマムグラにくらべるとたくさんの花がつくことからこの名前があります。もともとまれな上に、最近は減少傾向にあるといいますが、花がめだつといっても園芸目的に採取されるというほどのものではなく、減少の理由は主に河川整備や土地開発による生育環境の悪化です。
■撮影地別
 ○茨城県


クローズアップ

■群落
2007.5.29 茨城県
                2007.5.29 茨城県
Before Plant   Next Plant