Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > タチスミレ

タチスミレ (立菫)
Viola raddeana
 花だけを見るとタチスミレはニョイスミレにそっくりですが、しっかりとした茎がまっすぐのびて高さ30〜50cmにもなり、葉も細長い長被針形で全体のようすはかなり異なります。九州の一部と関東地方だけに分布し、河川の氾濫原をすみかとしています。かつて河川は大雨や台風による増水でたびたび流路を変え、またそのまわりには増水時に冠水する氾濫原がありました。今ではこういった自然環境はほぼ姿を消し、タチスミレのような氾濫原をすみかとする植物はいちじるしく減少しています。
■撮影地別
 ○栃木県
 ○茨城県

クローズアップ

■群落
2000.5.28 栃木県
           2007.5.29 茨城県   
Before Plant   Next Plant