Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > アゼオトギリ

アゼオトギリ (畦弟切)
Hypericum oliganthum
 平地の水田のあぜや湿地に生えるオトギリソウとしては、コケオトギリとアゼオトギリがあがります。1年草で雑草的色あいの強い前者とちがい、アゼオトギリは分布こそ関東地方〜九州と広いものの、もともと普通にあるわけでもないうえ、このような環境の開発や整備が進むにつれてその数を減らし、かなりまれな種類となっています。花のサイズは1.5cmとオトギリソウと同じくらいですが、株もとから四方に茎をのばすため、高さは10〜40cmとずっと低く、葉がより密につく印象です。
■撮影地別
 ○栃木県渡良瀬遊水地


クローズアップ

■群落
2012.9.22 栃木県渡良瀬遊水地
2012.9.22 栃木県渡良瀬遊水地
Before Plant   Next Plant