画像をクリックするとその植物の
  解説画面にジャンプします
  
ハクサンシャジン イワギキョウ コケモモ
イワオトギリ イブキトラノオ ミヤマクロユリ

そのほかの白山の植物

ミヤマアキノキリンソウ
ノコンギク
タテヤマアザミ
テマリフジアザミ
ミヤマコウゾリナ

タカネマツムシソウ
ハクサンカメバヒキオコシ
オオアキギリ



ミヤマリンドウ
オヤマリンドウ
シロバナオヤマリンドウ
ハクサンボウフウ

ハクサンタイゲキ
カライトソウ
クロクモソウ
ミヤマダイモンジソウ

ミツバベンケイソウ
サラシナショウマ
リョウハクトリカブト
クルマユリ

ホザキイチヨウラン
ササユリ
 
Home > 高山の花旅 > 白山

礼文島 知床連山 暑寒別岳 大雪山 夕張岳 アポイ岳 大平山 秋田駒ヶ岳
早池峰山 鳥海山 月 山 飯豊山地 至仏山 尾 瀬 谷川岳 富士山
鳳凰三山 北 岳 仙丈ヶ岳 木曽駒ヶ岳 御嶽山 八ヶ岳 戸隠山 八方尾根
白馬岳 白 山

白 山

 白山は、石川・富山・福井・岐阜の県境にまたがる両白山地の最高峰(標高2,702m)であり、2千m以上の山としては日本で最も西に位置しています。また、古くから山岳信仰の山として知られ、全国に散らばる白山神社の総本山でもあります。白山には固有の植物はありませんが、このような歴史を背景に昔から登山の対象となってきたため、この山を通じて人々に知られるようになったものも多く、このため、高山植物にはたくさんの「ハクサン」の名を冠したものがあります。
 多雪地帯であることを反映して、白山では白馬岳などと同様に高山植物の大群落を見ることができますが、中でも、お花松原のミヤマクロユリや、室堂のハクサンコザクラの群生は見事です。