画像をクリックするとその植物の
  解説画面にジャンプします
エゾノツガザクラ エゾツツジ シレトコスミレ
  
メアカンキンバイ エゾキリンソウ メアカンフスマ

そのほかの知床連山の植物

Home > 高山の花旅 > 知床連山

礼文島 知床連山 暑寒別岳 大雪山 夕張岳 アポイ岳 大平山 秋田駒ヶ岳
早池峰山 鳥海山 月 山 飯豊山地 至仏山 尾 瀬 谷川岳 富士山
鳳凰三山 北 岳 仙丈ヶ岳 木曽駒ヶ岳 御嶽山 八ヶ岳 戸隠山 八方尾根
白馬岳 白 山

知床連山

 知床半島は北海道でももっとも自然度の高い地域で、ヒグマやオオワシなど動物はもちろんのこと、一般には知られることの少ない植物についても、その名を冠したシレトコスミレエゾノヨモギギクなど、希少な種を山地や海岸で見ることができます。このように知床半島は今なお豊かな自然が残されていることから、2005年には世界遺産条約に基づく「世界自然遺産」に登録されました。知床連山は知床半島の屋根ともいえる山々で、標高1,661mの最高峰・羅臼岳や、溶融硫黄を今なお噴出する硫黄山(標高1,563m)などからなり、高さはさほどでもありませんが、道東のきびしい気候を反映して、千島列島あるいは大雪山や雌阿寒岳と共通する高山植物を見ることができます。