Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ハクサンカメバヒキオコシ

ハクサンカメバヒキオコシ
(白山亀葉引き起こし)
Plectranthus kameba var. hakusanensis
 晩夏の白山を登ると、亜高山帯の明るい林縁で目につくシソ科の植物の一つにハクサンカメバヒキオコシがあります。近縁の植物にカメバヒキオコシがあり、ともに葉の先端が細くくびれており、そのようすを亀の甲羅と尻尾にたとえて名前がつけられました。ハクサンカメバヒキオコシは、カメバヒキオコシに比べて亀の尻尾に相当する部分が大きいのが特徴です。ハクサンカメバヒキオコシの分布は日本海側に偏っており、本州中部から東北地方に分布するカメバヒキオコシとは住み分けているようです。
■撮影地別
 ○石川県白山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2002.8.25 石川県白山