Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > クルマユリ

クルマユリ (車百合)
Lilium medeoloides
 クルマユリは日本に自生するユリとしてはもっとも標高の高いところに生え、本州中部では高山草原をいろどる植物のひとつとなっています。北に向かうにつれて低いところにも出現するようになり、東北地方では標高1,600mあまりの尾瀬沼でも見られ、北海道東部まで来ると海岸近くでも普通に生えるようになります。花被片が強く反りかえった花はコオニユリに似ていますが、大きさはその半分ほどとずっと小さく、そのかわり花茎はいくつも分枝して多数の花を咲かせます。
■撮影地別
 ○長野県白馬岳
 ○石川県白山

クローズアップ

■群落
2001.8.11 長野県白馬岳
           2001.7.22 石川県白山
Before Plant   Next Plant