画像をクリックするとその植物の
  解説画面にジャンプします
キオン ミヤマオトコヨモギ キソアザミ
  
ヨツバシオガマ シラネニンジン クモマグサ

そのほかの御嶽山の植物

Home > 高山の花旅 > 御嶽山

礼文島 知床連山 暑寒別岳 大雪山 夕張岳 アポイ岳 大平山 秋田駒ヶ岳
早池峰山 鳥海山 月 山 飯豊山地 至仏山 尾 瀬 谷川岳 富士山
鳳凰三山 北 岳 仙丈ヶ岳 木曽駒ヶ岳 御嶽山 八ヶ岳 戸隠山 八方尾根
白馬岳 白 山

御 嶽 山

 御嶽山は古くから宗教登山が行われてきた高山の一つで、剣ヶ峰の標高は3,067mと3千mを超え、同じような歴史を持つ白山以上にけわしいのが特徴です。現在では7合目まで道路がのびており、黒沢口ではロープウェイで一気に2,200mまであがれるようになって、比較的容易に高山植物を目にすることができる山となりました。木曽川をはさんで東側に望む中央アルプスと、北に位置する北アルプスのあいだに位置し、自然環境についてみると、王滝口登山道では富士山によく似た高山荒原が主体で植物の種類も少ないものの、サイノ河原には高山草原や雪田も発達し、意外と多くの植物を観察することができます。