Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > サラシナショウマ

サラシナショウマ (晒菜升麻)
Cimicifuga simplex
 サラシナショウマは山地から高山にかけて生える植物で、薄暗い樹林下と、明るい草原のいずれでも見ることができます。上高地では、明神から小梨平へ移動する途中の林内で見かけましたし、また、滋賀県の伊吹山では、さえぎるもののない山頂の草原で一面に群生しているのを見たことがあります。8月下旬、一面の青空の下を白山山頂を目指して登っていくと、南竜ヶ馬場へとむかう途中の登山道沿いで、リョウハクトリカブトなどともに群生するサラシナショウマに出会いました。
■撮影地別
 ○長野県上高地
 ○滋賀県伊吹山
 ○石川県白山

クローズアップ

群落
2001.8.26 長野県上高地
            2002.8.25 石川県白山 1995.8.26 滋賀県伊吹山
Before Plant   Next Plant 2002.8.25 石川県白山