Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > カライトソウ

カライトソウ (唐糸草)
Sanguisorba hakusanensis
 カライトソウは北アルプスや白山などに分布するワレモコウの仲間で、ブラシを思わせる紅紫色の花穂が特徴です。白馬岳では葱平や大出原・鑓温泉間の岩場で、白山では南龍ヶ馬場付近や観光新道の馬の背で見ることができます。白馬岳で撮影されたものが紹介されることの多いカライトソウですが、学名の種小名からもわかるとおり、白山が基準標本地となっており、また、その個体数もむしろ白山の方が多く、白山スーパー林道の岩場でも普通に見られるなど、この山域を代表する植物といえます。
■撮影地別
 ○石川県白山


クローズアップ

■群落
2002.8.25 石川県白山
            2002.8.25 石川県白山
Before Plant   Next Plant