Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > リョウハクトリカブト

リョウハクトリカブト (両白鳥兜)
Aconitum zizag ssp. ryohakuense
 砂防新道をたどって白山をめざすと、甚ノ助避難小屋を過ぎて間もなく道は二つに分かれます。ここまで来ると視界は開けて、登山道の周囲には草地が広がります。8月下旬の主役の一つがリョウハクトリカブトです。リョウハクトリカブトは、白山を中心とする両白山地などに分布し、御嶽山や中央アルプスに分布するタカネトリカブトの亜種です。母種と同様、茎がジクザクに曲がるのが特徴です。このあたりに生えるトリカブトについては、ミヤマトリカブトは少なく、リョウハクトリカブトが多いようでした。
■撮影地別
 ○石川県白山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2002.8.25 石川県白山