Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > コケモモ

コケモモ (苔桃)
Vaccinium vitis-idaea
 スノキ属の植物としては、クロマメノキとならんで高山で見ることが多いのがコケモモです。北海道から九州にかけての亜高山や高山の岩場や林縁に生えますが、富士山や大雪山など火山性の山ではとくに多いようです。夏山シーズンのころに白〜淡桃色の小さな花をつけ、秋には真っ赤な果実を実らせます。果実は食べることができるのですが、目に見えるところは赤く色づいていても、日の当たらない下側は黄色っぽいことが多く、残念ながらよほど完熟しないとおいしくありません。
■撮影地別
 ○石川県白山
 ○長野県戸隠山
 ○山梨県富士山(果実期)

クローズアップ

■群落
2001.7.22 石川県白山
             2007.6.23 長野県戸隠山 1996.8.11 山梨県富士山
Before Plant   Next Plant