Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > コメススキ

コメススキ (米薄)
Deschampsia flexuosa
 高山では、大きくてあざやかな花をつけるものにどうしても目がうばわれてしまい、イネ科やカヤツリグサ科の植物まではなかなかカメラが向かない、というのが正直なところです。この中にあってコメススキは赤茶色の花穂がよくめだち、とくに逆光になると意外なほどに目をひきます。日当たりのよい砂礫地に生える多年草で、同じイネ科とはいえススキの仲間ではありませんが、株立ちになるようすや直立する花穂から、ススキを連想してこの名前がついたものでしょう。
■撮影地別
 ○長野県御嶽山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2004.8.8 長野県御嶽山