Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > オンタデ

オンタデ (御蓼)
Polygonum weyrichii var. alpinum
 高山植物であるにもかかわらず、一般に目を向けられることが少ないのがタデ科の植物です。イブキトラノオのように群生するものであれば、まだしも興味を引くのですが、オンタデのような大型の種類でも、ソバのような花をつけるものは関心が低いようです。ところが富士山の砂礫地に生えたオンタデは、人の背丈ほどにまでのびてその存在感を登山客に主張していました。パイオニア植物の1つで、富士山や御嶽山のような火山性の山でも、溶岩が流れたあとの荒原にいち早く進出するのが見られます。
■撮影地別
 ○山梨県富士山
 ○長野県御嶽山

クローズアップ

群落
2000.7.1 山梨県富士山
        2004.8.8 長野県御嶽山  2004.8.8 長野県御嶽山
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「オンタデ」