Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > ミヤマオトコヨモギ

ミヤマオトコヨモギ (深山男蓬)
Artemisia pedunculosa
 ミヤマオトコヨモギは、高山性のヨモギでは草丈が低く頭花が大きいグループの代表格で、本州中部の高山では最も広範囲に見られます。これらのうち富士山に分布するのはミヤマオトコヨモギのみで、これは富士山が比較的新しい山であるのが理由の一つです。5合目から等高線に沿ってつけられた登山道の「御中道」を散策すると、荒涼とした火山岩のガレ地でミヤマオトコヨモギが点々と咲いていました。御嶽山の摩利支天の山頂ちかくでも、やはり石だらけの火山荒原で群生が見られました。
■撮影地別
 ○山梨県富士山
 ○長野県乗鞍岳
 ○長野県御嶽山

クローズアップ

群落
1996.8.17 山梨県富士山
Before Plant   Next Plant 2004.8.8 長野県御嶽山
             2002.9.8 岐阜県乗鞍岳