Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > メアカンフスマ

メアカンフスマ (雌阿寒衾)
Arenaria meckioides
 メアカンフスマは国内では北海道の高山に分布するタカネツメクサ属の植物で、大雪山や道南の山にはなく、名前の由来にもなっている雌阿寒岳や知床半島など一部の山に限られ、その東に続く千島列島へと分布は広がっています。草丈は10cm程度ほどですが、さかんに枝分かれして横に広がります。花には先がとがった白い花弁が5つあり、群生すると緑のカーペットに白い星をちりばめたようです。知床連山では稜線部の砂礫地で普通に見ることができます。
■撮影地別
 ○北海道硫黄山


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2004.7.4 北海道硫黄山