Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > エゾツツジ

エゾツツジ (蝦夷躑躅)
Therorhodion camtschatium
 初めての知床連山は、初日は残念ながら雨で三ツ峰で幕営となりました。次の日は雨こそやみましたが、霧が深く、初めての道のりをいささか不安な気持ちで進んでいきます。遠くに紅紫色の花が咲いているのに気づき、ひょっとすると思いながら近づいていくと、やはりエゾツツジでした。エゾツツジは北海道と東北地方の北部に分布し、ツツジ属とされることもありますが、葉状の苞があることからエゾツツジ属とすることが多いようです。高さが低いわりに花が大きく、高山ではよくめだつ植物です。
■撮影地別
 ○秋田県秋田駒ヶ岳
 ○北海道羅臼岳

■クローズアップ

群落
1992.7.29 秋田県秋田駒ヶ岳
Before Plant   Next Plant 1996.8.5 北海道羅臼岳