Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > イワヒゲ

イワヒゲ (岩髭)
Cassiope lycopodioides
 高山の岩場に生える小型のツツジ科の植物の中でも、イワヒゲはもっとも個性的な種類です。陶器製の電灯のフードを思わせる真っ白な花をびっしりとつけ、また、茎にはうろこのような小さな葉を密着していてまるで針金のようです。岩壁にはりつくイワヒゲは、名前のとおりたしかにヒゲを連想させます。花期は早く、まだ梅雨が明けないころに満開となるため、夏山シーズンにイワヒゲを見ようと思えば、あまり日の当たらない岩かげや、遅くまで雪が残っていた岩礫地を探すとよいかもしれません。
■撮影地別
 ○長野県八ヶ岳
 ○北海道大雪山
 ○北海道硫黄山

クローズアップ

群落
1996.7.13 長野県八ヶ岳
Before Plant   Next Plant            2004.7.11 北海道硫黄山
             2009.8.15 北海道大雪山