Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > オゼヌマタイゲキ

オゼヌマタイゲキ (尾瀬沼大戟)
Euphorobia togakusensis var. ozense
 高原や亜高山帯に生えるトウダイグサの仲間にハクサンタイゲキがあります。尾瀬には、その変種で地下茎が横に伸びる性質があるオゼヌマタイゲキが分布し、尾瀬ヶ原や尾瀬沼の湿原などで見ることができます。尾瀬に分布するこの仲間にナツトウダイがありますが、オゼヌマタイゲキの苞葉は黄色く、また花の周りを囲む4つの腺体が腎円形であることから区別は容易です。この日、牛首を過ぎて中田代を散策していると、レンゲツツジズミなどの灌木のわきに群生するオゼヌマタイゲキに出会いました。
■撮影地別
 ○群馬県尾瀬ヶ原


クローズアップ

群落
2015.6.15 群馬県尾瀬ヶ原
         2015.6.14 群馬県尾瀬ヶ原 1995.7.9 群馬県尾瀬ヶ原
Before Plant   Next Plant