Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヤマキケマン

ヤマキケマン (山黄華鬘)
Corydalis ophiocarpa
 車を止めて山間の集落の奥につづく林道を歩いていくと、崖地になったところでヤマキケマンが現れました。山地の岩場などに生えるキケマンの仲間で、一つ一つの花の長さは1cm前後でツルキケマンと同じくらいですが、花の色は黄色というよりも黄緑色といった方が正確です。わかりやすいのは果実のかたちで、写真でもわかるとおり、ちぢれたように折れまがっていて、他のキケマンの仲間にはない特徴となっています。ミヤマキケマンに比べると全体に繊細な印象です。
■撮影地別
 ○長野県松本市


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2004.6.6 長野県松本市