Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類> シロヤブケマン

シロヤブケマン (白藪華鬘)
Corydalis incisa f. pallescens
 西多摩エリアの丘陵を散策していたところ、ムラサキケマンに混じって生えるシロヤブケマンが目に入りました。ムラサキケマンの花の色は名前のとおり紫色ですが、たまに紫の色素が抜けた白い花を咲かせるものが現れ、シロヤブケマンと呼ばれています。といっても完全な白花品ではなく、花冠の先端部分はうっすら紫色が残っているのがふつうです。「ヤブケマン」はムラサキケマンの別名で、シロバナエゾスミレもそうですが、別名のほうに白と冠がつく例が多いのはなぜでしょう。
■撮影地別
 ○東京都あきる野市


クローズアップ

■群落
2015.3.28 東京都あきる野市
     2015.3.28 東京都あきる野市
Before Plant   Next Plant