Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ツルキケマン

ツルキケマン (蔓黄華鬘)
Corydalis ochotensis
 ツルキケマンを見かけたことがあるのは、戦場ヶ原、上高地、姫川源流域など、標高千m以上の高原地帯ばかりで、たいていうすぐらい樹林下の湿ったところで群生しています。高さは数10cmていどですが、他の植物に寄りかかって生長するため、たぐってみると長さは1mほどなります。そのわりには花は小さく、また花つきはまばらで、この仲間ではもっとも地味です。花期は真夏なので他のキケマン類とまちがえることはありませんが、茎が角ばっているのもわかりやすい特徴です。
■撮影地別
 ○長野県上高地


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2001.8.26 長野県上高地