Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類> キケマン

キケマン (黄華鬘)
Corydalis heterocarpa var. japonica
 キケマンが生えるのは主に海岸近くの樹林下で、ときにはやや内陸に入る場合もありますが、その場合も人里周辺に限定されます。ミヤマキケマンが生える山あいまで進出することはなく、このため、花の色は似ていても見誤ることはありません。本州に分布するキケマンの仲間ではもっとも草丈が高くなり、50cm以上になるものもあります。茎も太めで紫がかっており、海岸の植物らしく光沢があります。4月、三浦半島の荒崎海岸を訪ねると、ヤブツバキの林床に広がるキケマンの群落が見られます。
■撮影地別
 ○静岡県城ヶ崎
 ○長崎県対馬
 ○神奈川県横須賀市

クローズアップ

群落
1993.4.24 静岡県城ヶ崎
          2006.4.1 長崎県対馬    2000.4 神奈川県横須賀市
Before Plant   Next Plant