Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > マルバコンロンソウ

マルバコンロンソウ (丸葉崑崙草)
Cardamine tanakae
 低山に生えるタネツケバナ属についていえば、コンロンソウオオバタネツケバナなど湿ったところを好むものと、ミツバコンロンソウのように落葉樹林下を主なすみかとするものがあります。マルバコンロンソウはどちらかといえば後者のグループといえ、スミレ類やヤマエンゴサクとともに咲いているのをよく見かけます。名前には「丸葉」とつきますが、写真でもわかるとおり、葉のかたちは羽状複葉となっています。おそらく、いちばん先につく小葉が大きくて丸いことからその名がついたものでしょう。
■撮影地別
 ○東京都高尾山
 ○熊本県阿蘇

クローズアップ

群落
2007.3.31 東京都高尾山
        2007.3.31 東京都高尾山    2016.4.10 熊本県阿蘇
Before Plant   Next Plant