Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヤマエンゴサク

ヤマエンゴサク (山延胡索)
Corydalis lineariloba
 4月ごろ、関東地方の低山を歩くと、明るい落葉樹林下ではヤマエンゴサクが満開となっています。ジロボウエンゴサクよりも花は大きく長さ cmほど、長く後ろにのびた距がめじるしです。ここには蜜がためられていて、ビロートツリアブやマルハナバチがこれを目当てにおとずれます。葉のかたちには幅があり、細長いものから幅広のものまでさまざまです。4月はじめ、南高尾のカタクリの自生地では、カタクリとちょうど同じころにヤマエンゴサクの花が見られます。
■撮影地別
 ○東京都高尾山
 ○島根県川本町(細葉型)

クローズアップ

群落
1995.4.22 東京都高尾山
        2007.3.31 東京都高尾山    2007.3.31 東京都高尾山
Before Plant   Next Plant
          2008.3.28 島根県川本町