Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > コカラマツ

コカラマツ (小唐松)
Thalictrum minus var. stipellatum
 白馬岳大雪渓を登りつめ、その上にある葱平(ねぶかっぴら)と呼ばれる場所につくと、ここからは高山草原に咲く花を左右に見ながら進むジグザクの登山道となります。咲く植物の数や種類がピークを迎える8月、色とりどりの花のかげでコカラマツが端正な花をつけます。コカラマツはアキカラマツの変種で、葱平のような高山草原がその主な生育場所です。葱平には同じカラマツソウの仲間のヒメカラマツも生えますが、こちらはコカラマツより全体に小さく、雄しべの花糸が紫色であることで区別できます。
■撮影地別
 ○長野県白馬岳
 ○高知県天狗高原

クローズアップ

■群落
1993.8.12 長野県白馬岳
        2005.8.7 高地県天狗高原    2005.8.7 高地県天狗高原
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「コカラマツ」