Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ハマヒサカキ

ハマヒサカキ 
Eurya emarginata
 室戸岬に着いたのは昼前、前日にキイシオギクを撮影した日ノ御碕とうってかわって、雲は低くたれこめて小雨まで降り、撮影にはむかない空もようでした。幸いシオギクはちょうど満開で、ハマナデシコやハマヒサカキの残り花も見られました。近縁のヒサカキが春に咲くのに対し、ハマヒサカキの花期は11〜12月で、やはり小さな白い花が多数ならびます。千葉県以西の海岸に分布する雌雄異株の常緑低木で、高さ5mほどになりますが、風の強いところでは枝は横に広がって背丈ほどしかありません。
■撮影地別
 ○高知県室戸岬


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2000.12.3 高知県室戸岬