Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > シオギク

シオギク (潮菊)
Chrysanthemum shiwogiku
 日本には海岸の岩場に生え、黄色の筒状花だけのキクが3種類あり、このうちシオギクはもっとも西に分布し、四国の南東側にあたる、高知県東部から徳島県南部にかけて見られます。イソギクに似ていますが、頭花一つ一つがイソギクよりも大きく、葉の切れこみが少ないといった外観上の違いのほか、染色体数もイソギクが2n=90の10倍体であるのに対し、シオギクは2n=72の8倍体と異なっています。イソギク同様、イエギクとの雑種がよく現れ、室戸岬を散策したときも雑種が目につきました。
■撮影地別
 ○高知県室戸岬


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2000.12.3 高知県室戸岬
“特選”Photo Gallery「シオギク」