Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ハマナデシコ

ハマナデシコ (浜撫子)
Dianthus japonicus
 紀伊半島は温暖な気候で降水量が多く、四国の太平洋側と共通する植物が多いところです。この日は関西空港からレンタカーで移動し、キイシオギクを目当てに日御碕へと向かいました。日御碕灯台で車を止めて急な細い道を下っていくと、さっそく現れたのがハマナデシコでした。全国の海岸に広く分布するナデシコで、海岸植物のご多分にもれず、葉はクチクラ層が発達した厚い葉となっています。花は7月ごろから咲きはじめますが、紀伊半島のような暖かいところでは12月ごろまで咲きつづけます。
■撮影地別
 ○和歌山県日ノ御碕
 ○神奈川県厚木市
 ○神奈川県三浦市

クローズアップ

群落
2000.12.2 和歌山県日ノ御碕
        2004.6.27 神奈川県厚木市   
Before Plant   Next Plant        2009.6.28 神奈川県三浦市
“特選”Photo Gallery「ハマナデシコ」