Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > ヒサカキ

ヒサカキ 
Eurya japonica
 この日、愛知県東部にある葦毛湿原を散策したあと、その南側にある岩崎丘陵まで足をのばしました。山道の斜面を登っていくと、ヒサカキが下向きにいくつも小さな白い花を咲かせているのに気づきました。ヒサカキは生長すると高さ5m以上になる雌雄異株の常緑樹で、山地で普通に見られるほか、生け垣などにも用いられており、わりあいに目にする機会の多い木です。ツバキ科の植物ですが、丸い朔果をつけ、硬い表皮におおわれるヤブツバキと異なり、果実はやわらかくて黒い液果です。
■撮影地別
 ○愛知県豊橋市

■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant 2003.3.30 愛知県豊橋市