Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > エゾエンゴサク

エゾエンゴサク (蝦夷延胡索)
Corydalis ambigua
 本州で見るエゾエンゴサクは、写真のように1〜2株ずつ生えることが多く、雪どけ直後の斜面に咲く繊細な植物という印象です。ところが、名前からしても本場といえる北海道では、はるかに多数の花をつけ、コバルトブルーの花であたり一面が染められることもよくあるそうです。こういった生態面での違いから、苞葉が切れこまないという点では共通しているものの、北海道と本州のものは同一種ではないという考えもあります。ヤマエンゴサクにくらべると花色は青みが強いのも特徴です。
■撮影地別
 ○新潟県入広瀬村
 ○北海道新冠町

クローズアップ

■群落
1999.5.15 新潟県入広瀬村
        2008.5.24 北海道新冠町   
Before Plant   Next Plant