Home > 野生植物図鑑 > 単子葉植物 > カタクリ

カタクリ (片栗)
Erythronium japonicum
 春を告げる野草として知られるカタクリは、「かたたご」の名で万葉集に詠まれていることや、球根からデンプンをとりだして「片栗粉」として用いられたことからもわかるように、古くから人々の生活に近いところに生える植物だったのでしょう。現在ではその美しさがわざわいして心ない人に掘りとられることも多く、また、開発などでいったん生育環境が悪化すると、開花に長い年月がかかるためなかなか回復しません。雪国ではまだまだ数は多いですが、太平洋側ではどこも減少傾向にあります。
■撮影地別
 ○愛知県豊橋市
 ○神奈川県相模原市
 ○東京都御前山

クローズアップ

群落
1996.4.1 愛知県豊橋市
         2007.3.31 神奈川県相模原市 1992.4.21 東京都御前山
Before Plant   Next Plant “特選”Photo Gallery「カタクリ」