Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > アポイカラマツ

アポイカラマツ (アポイ唐松) Thalictrum foetidum var. apoiense
 アポイカラマツは北海道のアポイ岳と大平山に特産する高山植物で、アポイ岳では5月下旬から6月にかけて、中腹から上のカンラン岩の岩場でエゾキスミレサマニユキワリとともに咲いているのを見ることができます。他の超塩基性岩地に生える植物にみられるようにアポイカラマツも植物体全体が紫がかっており、花のつくりはコカラマツやヒメカラマツによく似ていますが、4つの萼片や花糸まで紫色に染まり、葉の色が青灰色となっているのが特徴です。 ■撮影地別
 ○北海道アポイ岳


■クローズアップ

■群落
Before Plant   Next Plant      2000.6.3 北海道アポイ岳