Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > エゾキスミレ

エゾキスミレ (蝦夷黄菫)
Viola brevistipulata ssp. hidakana
 春のアポイ岳を代表する植物のひとつにエゾキスミレがあります。ケエゾキスミレが超塩基性岩地で変性したものとされ、ケエゾキスミレに比べると葉は厚くて光沢が強く、また細長くなっています。葉脈や茎が紫がかっているのも、超塩基性岩地に生える植物に多くみられる特徴です。花色も濃いめで、黄色というよりも山吹色といったほうがぴったりの色あいです。エゾキスミレが生えるのは中腹から上部にかけての岩場がつづく「馬の背」と呼ばれる稜線で、岩のすきまにぽつぽつと見られます。
■撮影地別
 ○北海道アポイ岳


クローズアップ

■群落
2008.5.25 北海道アポイ岳
        2008.5.25 北海道アポイ岳   
Before Plant   Next Plant