Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > サマニユキワリ

サマニユキワリ (様似雪割)
Primula modesta var. samanimontana
 アポイ岳では5合目から見晴らしのよい稜線を進む道となり、足元のカンラン岩地にはエゾキスミレアポイカラマツなどのこの環境特有の植物が現れるようになります。このあたりに生えるサクラソウ2種類のうち、ヒダカイワザクラの花はもうピークを過ぎていて、残り花が見つかった程度でしたが、サマニユキワリは岩場のすきまで満開の花を風にゆらせていました。サマニユキワリはユキワリソウの変種で日高山脈などに分布し、葉がつけねが急に細くなって葉柄になるのが特徴です。
■撮影地別
 ○北海道アポイ岳


クローズアップ

群落
2008.5.25 北海道アポイ岳
           2008.5.25 北海道アポイ岳
Before Plant   Next Plant 2008.5.25 北海道アポイ岳