Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物離弁花類 > シキンカラマツ

シキンカラマツ (紫金唐松)
Thalictrum rochebrunianum
 カラマツソウ属は花が咲くとすぐに萼が散ってしまい、雄しべばかり目立つものが多いのですが、シキンカラマツの場合は、例外的に紅紫色の萼が大きく開いて残るのが特徴です。黄色い雄しべとあわせて、他のカラマツソウとはちがっていかにも花らしいふんいきを持っています。分布は本州中部だけとわりあいにせまいのですが、長野県では東部を中心に比較的目にする機会が多いようです。名前はこの萼と雄しべの色の取り合わせからついたものかもしれません。
■撮影地別
 ○長野県八ヶ岳


クローズアップ

■群落
2006.8.1 長野県八ヶ岳
        2006.8.1 長野県八ヶ岳
Before Plant   Next Plant