Home > 野生植物図鑑 > 双子葉植物合弁花類 > イズハハコ

イズハハコ (伊豆母子)
Conyza japonica
 イズハハコは崖地などに生える1年草または越年草です。「ハハコ」とつく植物はいくつかあり、いずれも似たような外観ですが、イズハハコはハハコグサともヤマハハコとも異なるイズハハコ属とされます。この属はアレチノギクなどの外来種が幅をきかせており、属を代表するはずのイズハハコのほうがはるかにめずらしい植物です。ワタナという別名もあり、これは花後に種子の冠毛が綿のように広がるようすからついた名前です。ハハコグサより大型で、生長のよいものは高さ50cmくらいになります。
■撮影地別
 ○群馬県富岡市


クローズアップ

■群落
2010.5.9 群馬県富岡市
              2010.5.9 群馬県富岡市
Before Plant   Next Plant